中華鍋はフライパン!家庭にあると便利です。

中華鍋はフライパン!家庭にあると便利です。

家庭で良く作りますチャーハンは本当に美味しいですよね!やっぱりチャーハンはパリとしているのが私は好きです。

以前、メンテナンスの関係でサービスカーに乗って巡回をしていた時によく利用した中華料理店のチャーハンが大好きでした。

その中華料理店ではチャーハン用のご飯は冷ましておいて一気に中華鍋で作るパラパラと食感は最高でした。

フライパンは中華鍋の一種とも言われていますが、家庭でも中華鍋は重宝しますので一つはあっても良いと思っています。

フライパンでも大きくて深いサイズがありますが、中華鍋は炒める、揚げる、煮るといった多くの使い方ができます。

私の家にも鉄製の中華鍋がありますが一度、チャーハン作りにチャレンジしましたが中華鍋事自体が重いので、プロ調理人のように手首の反転でチャーハンを返すことはできませんでしたが結構美味しいチャーハンができました。

中華鍋は深くて広いので具材が均等に接するので全体がパリッとできるのではないかと思います。

当然フライパンは家庭での必需品ですが中華鍋も家庭に一つあっても料理の腕がふれますので用意しては如何でしょうか。

大きなフライパン!料理にフル活用できます!

中華料理店で料理人をしている友人がいるのですが、友人の話では深くて大きなフライパンがあればほとんどの料理ができると教えてもらいました。

フライパンの深くて大きいとなると中華鍋が該当すると思いますが、友人に教えてもらってからは我が家でも中華鍋を調理にフル活用して料理をするようになりました。

私の家は大人4人家族ですので料理を作るボリュームも多くなりますが、「焼く」・「炒める」・「茹でる」・「揚げる」「蒸す」・「煮る」といった調理に使用しています。

特にフライパンや中華鍋は熱伝導が良いため短時間で調理ができますし水量も普通の鍋より少なくて済みますので経費節約にも繋がります。

大活躍で万能なフライパン

私が使用して一番良かったと思ったことは「茹でる」ことで、小松菜やほうれん草を茹でるとなると大きな鍋が必要になりますし、水も使って沸騰するまで時間がかかります。

ところが大きなフライパンでは小松菜やほうれん草もすっぽり入りますし、茹で時間も普通の鍋を使ったときより相当短縮できますので、機会がありましたら試して戴きたいと思います。